消化酵素

消化酵素と代謝酵素の働きと役割とは?どんな食べ物をどんな順番で食べればいいの?

酵素が、果物や生野菜、発酵食品等に多く含まれているという事は知っていますよね?

ただ、酵素といっても大きく分ければ2種類あり、一方の酵素だけを摂取しても効果が出ないという事をご存じですか?

し・か・も!それらは、的確なタイミングで取らなければ、これまた効果が出ないのです。

そこで、酵素を摂るタイミングをはじめ、消化酵素と代謝酵素の働きや役割とともに、どんな食べ物を食べればいいのか紹介していきます。

食べ物が胃の中を通過する時間

実は、食材によって胃の中を通過するのに必要な時間が違うという事をご存じでしたか?

たんぱく質】である肉や魚、乳製品等が一番遅く何と約4時間~8時間かかるとの事。

牛肉ダイエット

お肉を食べると胃もたれするのは胃を通過する時間の遅さから来るのです。

また、タンパク質は、時間がたつと腸内で悪玉菌増殖の原因となり、腸内環境が悪化する事になります。

炭水化物】であるご飯やパン、パスタ等は約3時間~4時間かかります。

パスタ

しかし、生野菜や果物の消化にかかる時間は何と!30分!!

なぜこんなに早いのかというと、食材自体に酵素がある為自己消化を行うからなのです。

 

しかしその反面、先にたんぱく質や、炭水化物を体内に入れた状態で、生野菜や果物を入れてしまうと、ゆっくり消化するたんぱく質や炭水化物に邪魔されてしまいます。

その結果、生野菜や果物の酵素が、腸に届く前に胃の中で分解されてしまい、腸で吸収する事が出来なくなります

更に悪い事に、食後のデザートで果物を食べてしまった場合。

胃の中で停滞している間に酵素は分解、吸収されないまま果物の糖が発酵し、他の食材の分解消化の妨げにまでなってしまうのです。

このように、食べ方一つで効果が全く変わってきてしまいます

食べ方1つで変わる

そこで食事をする時の食べる順番ですが、まずは酵素がたっぷり含まれている野菜や果物から食べるようにしましょう。

その次にメインのおかず、ご飯という順版で食べるのがいいそうです。

・食べる順番はこちらの記事でも記載しています⇒糖化を防ぐ食べ物とサプリで肌の若返り!見た目年齢よりも若く見られたい

酵素をうまく体内に取り入れる方法

●果物は食前、可能であれば食事の30分前に食べる。

それによって、酵素が分解消化し、次に体内に入ってくる食材の分解消化を促す体内環境が整います。

●大根や山芋、生姜、林檎などすりおろして食べれる物はすりおろして食べる。

すりおろす事によって、食材の細胞がつぶされ酵素が外に出てきます。外に出てきた酵素は消化分解吸収が早く、通常の3倍の酵素を吸収する事が出来ます。

●午後八時以降は食べ物の摂取は控える

人間の体内リズムでは【有害毒素の排出】【エネルギーの分解消化】【吸収と代謝】という三つのパターンが構成されています。

午後八時からは丁度【吸収と代謝】のリズムになりますので、この時間以降に食べてしまうと【エネルギーの分解消化】からうまく以降する事が出来なくなってしまいます。

消化・吸収

体内リズムを整える事も健康と美容に必要不可欠な事ですので、できるだけ午後8時以降は食べるのを控えましょう。

では次に、本題の消化酵素・代謝酵素の働き・役割について説明していきます。

酵素は消化酵素と代謝酵素の2種類

酵素には、大きく分けて【消化酵素】と【代謝酵素】という2種類あります。
ざっくり説明しますと

 

消化酵素】とは、口から入ってきた物を消化、分解してエネルギーに変えるための酵素
代謝酵素】とは、消化酵素によってエネルギーに変えられた物を、それぞれ必要としている体の部位に届ける酵素です。

 

つまり、酵素が多く含まれる食品をいくら摂取しても、【消化酵素】の食品ばかりでは、結局体の必要な部分にエネルギーが届かないということです。

反対に、【代謝酵素】の食品ばかりでは、エネルギーに変わっていないため、届けようにも届けるエネルギーがないという事になってしまうのです。

消化酵素が多く含まれている食べ物

【消化酵素】と一言でいっても、そこから更にそれぞれの食材の得意分野に分かれていきます。

消化酵素を含む食材は、大まかに三種類!

 

炭水化物を主に消化分解しエネルギーに変えてくれる食材(アミラーゼが多い食材)
たんぱく質を主に消化分解しエネルギーに変えてくれる食材(プロアテーゼが多い食材)
脂肪を消化分解しエネルギーに変えてくれる食材(リパーゼが多い食材)

 

つまり今日は炭水化物が多くなりそうだと思ったなら、【炭水化物分解酵素】を多く含んだ食品と、【代謝酵素】を含んだ食品を食べておくと、効果がてきめんに現れるという事になります。

では、気になる【消化酵素】が多く含まれる食材をピックアップしてみましょう!

炭水化物分解酵素が多く含まれている食材

 

ゆで卵のサラダ

野菜

・キャベツ
・レタス
・サラダ菜
・ゴーヤー
・大根
・アボガド

果物

・リンゴ
・メロン
・プルーン
・桃
・葡萄
・プルーン

たんぱく質分解酵素が多く含まれている食材

 

野菜

・大根
・生姜
・長芋
・人参
・かぶ
・セロリ
・パプリカ

果物

・パパイヤ
・マンゴ
・バナナ
・キウイ
・パイナップル

脂肪分解酵素が多く含まれている食材

 

野菜

・セロリ
・大根
・人参
・ズッキーニ
・きゅうり
・パプリカ

果物

・苺
・蜜柑
・グレープフルーツ
・スイカ
・さくらんぼ
・梨

加工食品

・納豆
・味噌
・漬物

 

上記以外にも、実は【消化酵素】を多く含んでいる食材はあります。

ただし、酵素は熱を通してしまうとあっという間に消えてしまいます。50度の熱でも2分で消えてしまうのです。

なので火を通さず食べられる食材のみをピックアップしてみました。

消化酵素のまとめ

 

「果物には糖分があるので太るのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、果物は体内での代謝がとても速く、30分で消化分解されるそうです。

よって、体脂肪として残る事はなく、むしろ消化分解を促し・代謝を良くする事によって、他の食べた物の蓄積を防ぐ効果があるのです。

食べた物を消化・分解しエネルギーに変えるのが【消化酵素】、そしてそのエネルギーを体の必要な部分に届けるのが【代謝酵素】です。

代謝酵素の働き・役割とは?

新陳代謝という言葉は、ほとんどの人が耳にしたことがあると思います。

【消化酵素】によってエネルギ―となった物を、【代謝酵素】によって体中の細胞に届けます。

その結果、それぞれ筋肉の動きを助けたり、肌細胞を活性化したり、尿や汗、唾液などから毒素を排出する動きを助けます。

この一連の流れを新陳代謝といいます。

つまり、【代謝酵素】とはうまくエネルギーを運ぶための電車のレールなのです。

電車にいくら質のいいエネルギーが積まれていても、レールが必要な細胞まで伸びていなければ届ける事が出来ず、エネルギーは無駄になってしまします。

子供の頃には、体内で生成される酵素によって新陳代謝はとても活発に行われます。

その為、子供は良く動きますし、傷の治りも早く、トイレも大人より回数が多いので、肌も綺麗で太りづらいのです。

体内で生成される酵素は減少する

60歳越えても元気

それゆえに、年を重ねるにつれて新陳代謝がスムーズにいかなくなるのです。

新陳代謝がス―ムーズでないという事に関して、実感がある方は多いのではないでしょうか?

それは、細胞にきちんとエネルギーが届かないがゆえに、疲れが取れななくなり・怪我や病が治りにくいということだったり・太りやすく痩せにくい体質への変化だったりします。

その他にも、毒素が排出されないが故の肌トラブル、倦怠感、髪のパサツキ、抜け毛、きつくなった体臭であったりと、年齢を重ねるごとに増えていく悩みの多くは、体内の酵素不足によるものもとても多いのです。

大事なのは、体内で生成されにくくなった酵素を、食べ物を通して体内へ取り入れる事です。

・スムージーで酵素を摂取するのもいいでしょう⇒セブンデイズカラースムージーの口コミ!楽天と公式HPどっちがお得?

 

それによって代謝酵素が必要な細胞へ必要なエネルギーを届け、体内を新鮮なエネルギーが循環し、有害物質を排出する事が出来ます。

それでは、【代謝酵素】を多く含む食材をピックアップします!

代謝酵素を多く含む食材

 

不溶性食物繊維

野菜

・大根(すりおろすと代謝酵素が3倍に)
・玉ねぎ
・人参
・セロリ
・生姜(すりおろすと代謝酵素が3倍に)
・ニンニク(すりおろすと代謝酵素が3倍に)
・れんこん
・ゴーヤー
・かいわれ
・レタス
・キャベツ
・かぶ

果物

・林檎(すりおろすと代謝酵素が3倍に)
・キウイ
・苺
・スイカ
・マンゴー
その他果物類

加工品

・納豆
・味噌
・漬物
・酢
・糠漬け
・塩麹

その他

・わかめ(生でサラダなどで食べる)
・もずく
・めかぶ
・お刺身
・ドライフルーツ

代謝酵素のまとめ

 

上記以外にも酵素が含まれる食材は多くありますが、、酵素は熱に弱いので、加熱しなければ食べられない食材は除いて記載しました。

また、ヨーグルトやチーズなど乳製品にも、酵素は含まれていますが、こちらは酸に弱く、胃酸でほとんどが死滅してしまうので
酵素を取り入れる、という点に関してはあまりお勧めはできません。

反対に、発酵食品である納豆や味噌、麹はどは酸に強く、しっかりと酵素を体内に取り込むことができるのでお勧めです。

まとめ

酵素を効果的に摂取

消化酵素と代謝酵素の働きと役割をはじめ、どんな食べ物を食べればいいのか紹介してきました。

あわせて、食事をする際に、食べる順番にも意識したいところです。

全体的にみると、日々野菜を食べれば、酵素を摂取できそうです。ただし、最近では野菜の栄養も落ちていますので、サプリやスムージーで補うのもいいでしょう。

・サプリで酵素を補う⇒糖化を防ぐ食べ物とサプリで肌の若返り!

野菜の農薬の落とし方・洗い方!ベジシャワーですっきり洗菜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP