納豆でおなら

納豆を食べたらおならが止まらない!発酵食品で便秘は改善するの?

納豆には、便秘などの腸内環境を改善してくれる効果がある食べ物というイメージがありませんか?

みそや漬物のような発酵食品ですので、その効果に期待が高まります。

そこで納豆を食べることにしたのですが、おならが止まらないという事態にw

果たして、おならが出るという状態は、腸内環境が改善されているのでしょうか?

納豆を食べようと思ったきっかけ

 

ここ最近食べ過ぎたせいか、体重も増えて・お腹も意外と出てきました。

お腹が出ている

私のふだんの食事は外食です。1日2回が外食かなw

しかも沖縄では、ふつうに食堂に入ると、とんでもない量が出てくることがあります。

吉野家

お腹が空いてなくても、時間が来ればたくさん食べたり、吉野家に行けば「牛すき鍋膳」の大盛りを食べちゃいますw

納豆を食べよう!

 

納豆と言うと、多くの健康系のTVでも紹介されており、腸内環境にもよく・便秘にも効果的だと言われています。

しかも、有名なお医者さんも、間食で納豆を食べるほど、腸に良い働きがあるようです。

また、納豆を食事にとりいれることで、ダイエット効果を実感している人も少なくないようです。そこで、さっそくスーパーへ走り、納豆を購入してきましたw

ひきわり納豆

普通の納豆と、ひきわり納豆がありますが、ひきわり納豆の方が吸収率が高いので、ひきわりの方がいいようです。

さっそく3パックで1セットのものを4個ほど買い、がむしゃらに食べる日が2日ほど続いたあと・・・

おならが止まらない!

 

納豆を食べて2日目の夕方、今日はおならがよく出るな~と感じていました。

「ぷっ」と出した後に、すかさず「ぷっ!」、これも納豆の効果かな~なんて思っていました。

しかし家で座っているときも「ぷっ!」、お風呂に入っているときは「ぼこっ!(お湯が爆発する感じの音w)」、布団に入ってる時も「ぷっ!」、本当に今日はオナラデー(ONARA DAY)だと感じましたw

おなら

眠気に負けて眠ったわけですが、次の日にはおならが収まっていました。

ここで、なぜあんなにおならが出たのか気にするところですが、腸の中にたまっていた悪いものが分解されて、外に放出されたのかな~と感じていました。

なぜなら、元病院勤務で、食べ物や体の仕組みについて詳しい人が、腸内環境が悪いと、納豆を食べるとおならが出やすい・・・と言っていたのを思い出したからです。

 

・腸内環境を改善する秘訣⇒痩せ菌を増やすサプリメント|デブ菌を減らして無理なくダイエット

納豆の効果について

 

また、おならがたくさん出たので、納豆を食べ過ぎも原因かな~と思ってネットで調べてみました。その結果、食べ過ぎではないようです。

それにしても、調べていくうちに、納豆って改めてすごい!と感じるようになりました。

納豆生活はまだ4日目ですが、便秘も改善されて、お腹のでっぱりも少しはよくなり、体調もよくなってきたのです。

 

納豆は発酵食品!

発酵食品という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

納豆をはじめ、みそ、ヨーグルト、漬物、キムチなど身近な食品が挙げられます。

 

この発酵食品は腸内環境や健康に非常にいい食べ物として知られています。

 

以前とある番組で、森三中の3人が、発酵食品で1ヵ月生活するという企画がありました。

その結果、様々な健康に関する数値が改善されて、お腹のでっぱりもなくなり・くびれができていましたw

 

納豆に含まれるナットウキナーゼ

納豆に含まれているナットウキナーゼをナットウキナーゼについて調べてみると、納豆菌がもっている酵素のようです。

ナットウキナーゼ

しかも美白・骨を丈夫にする・悪酔いを防いでくれる・整腸作用・老化防止などさまざまな効果があるようです。最近言われているのが、血液をサラサラにしてくれる効果です。

ただし、血液凝固を促進する「ビタミンK2」も含まれていますので、あまり食べ過ぎるのはよくないようです。

・腸内環境を改善する秘訣⇒痩せ菌を増やすサプリメント|デブ菌を減らして無理なくダイエット

まとめ

 

私のおならが止まらなかった体験から、納豆に焦点を当てましたが、納豆は毎日食べたい発酵食品だということを改めて認識することができました。

昔からの日本の朝食と言えば、ご飯、納豆、漬物、魚、味噌汁、(たまご)というイメージがあります。

日本の朝食

そしてこのようにバランスよく食べていた記憶があります。今では、「ハンバーガー+ポテト+コーラ」というように、食べても栄養はあるのか分からない食生活を送る人が増えています。

その結果、これほどの生活習慣病が増えたとつくづく感じています。この私のおならの体験が、食生活を見直すきっかけになれば幸いですw

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP