下痢にいい食べ物

お腹を壊しやすい方へ!下痢に良いおすすめの食べ物・飲み物

通勤途中や会社での会議中、トイレに駆け込んだ人も多いのではないでしょうか。

下痢はいつ襲ってくるかわからないので、症状に悩んでいる方がたくさんいます。

今では下痢を予防するために市販の薬を買うことが出来ますが、薬に頼ると耐性がついて薬の効果がなくなります

そこで根本的な生活の見直しが必要になります。特に慢性的に下痢に悩んでいる方は、食生活が大きな原因かもしれません。

そこで、下痢を解消する食べ物や飲み物を紹介しますので、試してみてはいかがでしょうか?

お腹を壊しやすい下痢のメカニズム

食べ物が胃や腸に送られると、消化・吸収が行われます。人間は毎日、飲み水と食事に含まれる水分を合わせると、3リットルの水を摂取しています。

消化するために使われる、胃液や胆汁などの水分が6リットル。1日に9リットルの水分が腸に送られています

小腸から大腸に送り込まれた食べ物に含まれている水分は2リットルですが、まだ水分が多く便とは言えない状態です。

大腸まで送られた食べ物の中で、水分が99%吸収された状態が便になっています

便秘になる仕組み

99%は吸収されるはずの水分ですが、腸が吸収できる限界以上の水分を摂取すると、便の中に水分が多い状態になってしまいます。

通常、便に含まれている水分は60%~70%と言われています。水分が多く、90%を超えた状態になってしまうと、下痢になってしまいます

お腹を壊しやすい下痢の原因

下痢には、急性のものと慢性のものがあります。ほとんどの方が悩んでいるのは、慢性的な下痢です。

慢性の下痢の目安は、1日に数回の下痢が3週間以上続く状態だと言われています。

慢性的な下痢

 

ストレスや生活習慣の乱れなどで起きてしまう場合が多いでしょう。腸が過敏に働く、「過敏性腸症候群」の可能性もあるかもしれません。

下痢の原因はたくさん考えられますが、食べ物が原因の場合が多くあります。

暴飲暴食をしたり、牛乳を飲んだり、人工甘味料を含む食物を多く食べたとき、アレルギーのある食品を摂取したとき、お酒を飲み過ぎた場合などが考えられます。

日本人の食べ物には水分が多い

下痢は必要以上に水分を摂ることで起きてしまう場合が多いでしょう。日本の食事には、たくさんの水分が含まれています。また、健康のために水を飲むようにしている方も多いようです。

腸内で吸収できる限界を超えて水分を摂取すると下痢の原因になります

短時間で23リットル以上の水を飲むことが、下痢の原因になっているかもしれません。

マグネシウムに注意

水分をたくさん摂取して汗をかかないと、皮膚から発散できずに多くの水分が体内に留まってしまい、下痢につながります。他にも、尿で出ていく水分が少ないことも原因となります。

ただし腸内環境が整っていれば、簡単に下痢になることはありません。腸内環境を整えることが大切です。

他にも、日本人はミネラルウォーターを飲み過ぎていると言われています。市販のミネラルウォーターにはたくさんのマグネシウムが含まれています。

マグネシウムは腸内で水分の吸収を阻害する働きがあるので、ミネラルウォーターを飲むときには気をつける必要があります。

お腹を壊しやすい下痢にいい食べ物

下痢になってしまった場合は水分を控える人が多いですが、体内の水分が減っている状態なので、積極的に水分を摂取する必要があります。

下痢になってしまうと、腸が普通のとき以上に活発に働いていて、腸が休むことが出来ていません。腸を休めるために水分を多く含んだ食事をすることが必要です。

また、消化にいい食品を摂るようにするといいでしょう。

下痢に効果的な食べ物・飲み物については、次のようなものがあります。

味噌汁スープ

味噌汁

スープや味噌汁に野菜を入れて、やわらかくして食べるのがオススメ。入れる具材としては、消化にいいじゃがいもやにんじん、豆腐などが適しています。冷たいものは胃腸の負担になるかもしれないので、温かい状態で飲むのがいいでしょう。

ごはんうどん

うどん

ごはんはおじやにして食べると、消化・吸収が効果的に行われます。ゆっくり煮込んだうどんも、胃腸に負担をかけないでしょう。玄米やそばは消化に良くないので、控えましょう。

野菜

キャベツ

キャベツやにんじんは消化にいい野菜です。下痢をしているときでも健康な生活を送るためには、野菜は不可欠ですが、消化に悪い野菜は避けたほうがいいと言えます。ゴボウやキノコ、たけのこ、レンコンのような、食物繊維が多く含まれている野菜は避けた方がいいでしょう。

果物

バナナ

 

バナナやリンゴは消化・吸収に良い果物です。下痢のときに果物を食べるとしたら、なるべくやわらかいものを選びましょう。キウイやパイナップルは下痢のときには控えた方がいい果物です。

豆腐

豆腐

 

脂質が少ない、良質なたんぱく質が摂取できます。

半熟卵

半熟卵

 

卵の調理方法はいろいろありますが、調理の仕方で消化にかかる時間も変わってきます。ゆで卵や卵焼きより、半熟卵は2倍の速度で消化・吸収出来ると言われています。

白身魚

白身魚

 

下痢になってしまうと、ついつい消化に悪い食べ物を避けて、タンパク質の摂取量が減ってしまいます。白身魚は良質のたんぱく質が摂れて消化にいい、とても優秀な食材です。

ささみ

鶏のササミ

 

下痢のときに肉類は避けたほうがいいと言われています。でも、鶏のささみは消化にいいタンパク質源としてオススメです。

肉類の摂取を控えたほうがいいのは、脂肪がたくさん含まれているためです。肉に含まれている脂肪は、消化・吸収に時間がかかります。ささみが消化にいいと言われていますが、鶏の部位でも手羽は脂肪分が多く含まれているので、下痢を解消するためにいい食材とは言えません。

豚や牛を食べたいという方は、脂肪分の少ない部位を選んで食べるといいかもしれません。

ヨーグルト

ヨーグルトを作る

 

ヨーグルトに含まれているビフィズス菌は、腸内の善玉菌を増やして腸内バランスを整えてくれると言われています。腸内環境が乱れがちで、慢性的に下痢を起こしている方は、ヨーグルトを食べてみるのもいいかもしれません。

ただし、カロリーを控えているタイプのヨーグルトには、「キシリトール」という人工甘味料が含まれているかもしれません。

キシリトールのような人工甘味料は下痢を引き起こす原因となるかもしれないので、成分表を見てから選ぶようにしましょう。

 

⇒⇒カスピ海ヨーグルトもおすすめです

 

ハチミツ

オリゴ糖

 

ハチミツには強力な殺菌作用があります。下痢になったときに摂取することで、下痢のもとになった菌を殺してくれる働きがあります。また、腸内のビフィズス菌を増やして、腸内バランスを整えてくれる効果もあります。

慢性的に下痢が続いている方の場合、1日の摂取カロリーが不足している状態が続いているかもしれません。ハチミツは消化・吸収がとても早いので、素早くカロリー摂取をするためにも効果的と言えます。

チーズ

チーズ

 

日本人の多くが「乳糖不耐性」のために、下痢をしやすくなっています。牛乳を飲んだときに下痢をしてしまうのは、乳糖不耐性が原因となっています。乳糖を分解する酵素が少ない体質ですが、ヨーグルトを摂取した場合も起きる可能性があります。

牛乳に含まれている乳糖は、チーズになった段階でほとんど存在していません。チーズは消化しやすいので、下痢のときにも安心して食べることが出来ます。

ブルーベリーラズベリー

ブルーベリー

 

水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は、便の中の水分を吸い取って、便をやわらかくしてくれる効果があります。ジャムや乾燥食品として売られている場合、砂糖を多く含んでいる場合がありますが、砂糖が下痢を起こす可能性もあるので、注意して摂取しましょう。

紅茶

紅茶

 

腸の収れん作用が非常に高い飲み物です。腸の収れん作用がある食品を摂取することで、腸の粘膜を保護して、腸の働きを良くしてくれます。砂糖は下痢を起こしやすいので、砂糖を使う場合は控えめにして飲むといいですね。

まとめ

下痢になる原因はたくさんありますが、食生活の乱れは大きい原因の一つです。水分を多く摂取しすぎていることも、下痢につながる原因となります。

特に、市販のミネラルウォーターに含まれているマグネシウムが下痢を起こす原因となりやすいので、ミネラルウォーターを飲む場合には注意が必要です。

慢性的な下痢になってしまった場合、体内から失われてしまった水分を補給し、消化にいい食べ物や飲み物を摂取しましょう

普段の食事に使われている食材でも、調理方法や添加物のせいで下痢につながっている場合もあります。下痢を解消するために、消化・吸収のいい食材を選ぶときには、食材に含まれている成分を確かめて下さい。

※おすすめの関連記事

オリーブジュースカプセルの口コミ!今ならお試し価格で50%オフ!

オリーブオイルを飲むメリット・デメリットとは?

野菜の農薬の落とし方・洗い方!ベジシャワーですっきり洗菜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP