二日酔い

二日酔いに効く食べ物と飲み物で辛い頭痛や吐き気を軽減!

飲み過ぎてしまうと、翌日はひどい頭痛や吐き気に悩まされた経験はありませんか?

二日酔いの対策を調べると、アルコールを分解する過程で生じる、アセトアルデヒドが原因のようです。

一方で、二日酔い対策として、たくさん水を飲むという方法を聞いたことはありませんか?

ただし、大量に水を飲んでしまうと、吐き気がひどくなる場合もあります。

では、いったい何を食べたり飲んだりすれば、二日酔いを軽減させることができるのでしょうか?

二日酔いになる仕組み

 

アルコールを摂取すると、体内ではアルコールを分解する仕組みが働きはじめます。アルコールが分解されると、有害物質のアセトアルデヒドになり、その後に無害化されて酢酸になります。

二日酔いの仕組み

アセトアルデヒドを分解して無害化するのは肝臓の機能ですが、分解できる量には限界があります

肝臓が一度に分解できる量を超えると、アセトアルデヒドが血液中に残り二日酔いの原因になります。

アセトアルデヒドの血中濃度が高くなると、頭痛や吐き気、発汗、脱水症状、だるさなどの症状を引き起こします。

二日酔いに似た症状で、飲んでいる最中に起きてしまう症状を「悪酔い」と呼んで二日酔いと区別していますが、症状はほぼ同じです。

 

二日酔いも悪酔いも、急に大量のお酒を飲むことで起きてしまいます。同じ量のお酒でもゆっくり飲むと、肝臓の分解ペースが間に合って二日酔い予防になります

お腹が減っているときにお酒を飲むと、他に吸収するものがないため、胃や腸からアルコールが早く吸収されてしまいます。

空腹でお酒を飲むよりも、おつまみを食べながら飲んだほうが、二日酔いになりにくいです。

 

二日酔いを予防する食べ物

 

忘年会や新年会などのように、事前にお酒を飲むことがわかっている場合、二日酔いを予防する対策ができます。

「今日は飲んでしまいそうだなぁ」と思ったときには、次のような食べ物を摂取すると二日酔い予防となります。

 

ヨーグルトバターオリーブオイル

 

オリーブオイル

 

関連ページ⇒二日酔い対策にオリーブジュースカプセル

 

お酒を飲む30分前に脂肪分を含んだ食べ物を摂取することで、二日酔いを予防になります

脂肪のほとんどは、胃や小腸で吸収 されず、その先の十二指腸で消化・吸収されます。胃の中に脂肪分が残っている間、アルコールの吸収を阻害してくれます。

飲む前に一杯のオリーブオイルを飲むだけでも、二日酔い予防になります。しかし、揚げ物などに使われているオイルは胃もたれの原因になり、逆効果の場合もあります。

オリーブオイル単品を飲むことに抵抗があって、オリーブオイルが使われている食品を摂取する場合には注意が必要です。

 

納豆山芋オクラ

 

納豆でおなら

 

関連ページ⇒納豆を食べたらおならが止まらない

 

納豆をネバネバさせているのは、ムチンという成分です。ムチンはアルコールの吸収を阻害してくれる成分です。胃粘膜を保護する働きもあるので、予想外の暴飲暴食になってしまった場合の予防になります。

 

ウコン

 

クルクミンが豊富

 

ウコンのドリンクを飲んだことはありませんか?ウコンに含まれているクルクミンという成分が、肝臓の機能を高めてくれます。一杯飲む前にウコンが含まれた栄養ドリンクを飲んでおくと、二日酔いになる可能性が低くなります。

 

肉、魚、枝豆

 

牛肉ダイエット

 

肝臓がアルコールを分解するときに、必ずタンパク質が必要になります。お酒を飲むときに食べるものでも、炭水化物や脂肪よりも、タンパク質を摂取するほうが悪酔いを起こしにくいでしょう。

 

二日酔いを予防するサプリメント

 

二日酔い予防の対策をしている医師に聞いたところ、サプリメントの服用が多いようです。

サプリメントにはたくさんの種類がありますが、二日酔いを予防するためには次のような効果のある成分が含まれているものがあるようです。

・アセトアルデヒドの分解を早くする

・アセトアルデヒドの分解を助ける

・肝臓の機能の回復

・二日酔いの症状を予防する

具体的な成分としては、アラニン、Lシステイン、クルクミン、オルニチン、タウリン、セサミン、スルフォラアニン、肝臓水解物があります。

肝臓に良いサプリ

 

二日酔いに効く⇒ゲンキウコンで二日酔い対策

 

このような成分が含まれているサプリを飲むことで、食品で予防ができない場合に効果があります。

医師の中のアンケートで人気だった商品としては、「ゲンキウコン」、「ウコンの力」、「ヘパリーゼ」、漢方薬の「五苓散料」などがあります。

 

二日酔いに効果的な食べ物・飲み物

 

二日酔いの症状を軽減すると言われている食べ物・飲み物があります。

特に二日酔いの朝は、何も食べる気が起きないかもしれませんが、摂取すると症状が軽減するものがたくさんあります。

特に効果があるのは水分で、水を飲むことで症状を軽くすることができます。

水分としてスポーツドリンクを飲むことも効果があります。胃腸の働きを助ける栄養ドリンクもいいでしょう。

他にも以下のようなものが二日酔いの症状に効果があります。

 

シジミの味噌汁

 

シジミの味噌汁

 

味噌にはコリンという成分が含まれています。アルコールは脂肪となって肝臓に蓄積すると、脂肪肝と呼ばれる状態になりますが、コリンが脂肪の蓄積を防ぐ働きをします。

シジミに含まれるオルニチンは、肝臓の働きを助けてくれるので、アルコールの分解を促してくれます

 

バナナ

 

バナナ

 

バナナには豊富なビタミンCが含まれています。消化吸収に優れた食品なので、そのまま食べるのもいいし、ジュースにして飲んでもいいでしょう。

アメリカの大学の研究によると、バナナに含まれているビタミンCが肝臓の機能低下につながるフリーラジカルを中和するとも言われています。

 

 

柿

 

二日酔いの症状を良くしてくれるとして、古くから有名な食品です。豊富なビタミンCが含まれていて、肝臓の機能を助けてくれます。柿に含まれているタンニンやカタラーゼは、アルコールの分解を助ける効果があります。

 

大根おろし

 

大根おろし

 

大根は消化を助ける酵素がたくさん含まれています。吐き気に効果的とされていて、食べることでおさまるかもしれません。

 

ハチミツ

 

オリゴ糖

 

ハチミツにはアセトアルデヒドの分解を助ける働きがあります。二日酔いの主な症状である頭痛を軽減する効果があります

 

梅干し

 

梅干しの効果

 

アルコールの摂取により、体内の血液は酸性になってします。梅干しは血液をアルカリ性にして、体内の酸性とアルカリ性のバランスを取り戻してくれます。梅干しは胃の粘膜を保護・修復する効果があります。梅干しだけで食べにくいようだったら、おやゆに梅干しを入れて食べるといいかもしれません。

 

卵2個の栄養素

 

卵黄にはシステインという成分が含まれています。システインはアセトアルデヒドの分解を促すと言われています。卵の白身は肝機能を改善してくれるので、卵黄と卵白をわけずに一緒に食べると効果が大きいでしょう。

コーヒー

 

コーヒー

 

二日酔いの朝にコーヒーというと、意外だと思う方も多いかもしれません。コーヒーに含まれているカフェインには、血管を収縮させる働きがあります。二日酔いの頭痛は血管の拡張から起きていると言われているので、コーヒーに含まれているカフェインが血管を収縮することで、頭痛が改善するかもしれません。

緑茶

 

緑茶

 

緑茶に含まれている、タンニン、カフェイン、ビタミンが二日酔いの症状を軽くしてくれます

 

トマトジュース

 

トマトジュース

 

トマトにはアラニン、グルタミンなどの成分が含まれていて、アルコールの分解を促進する効果があると言われています。

 

二日酔い対策まとめ

 

二日酔いの症状はとても辛いので、可能であれば、予防対策の食品を摂取しておきましょう。

食品で摂取できない場合は、サプリメントで補いましょう。

・辛い二日酔いに⇒ゲンキウコンで二日酔い対策

二日酔いになってしまった場合、胃の中に何も入れないよりは、水分をメインで補給した方がいいでしょう。何も食べられない方も多いですが、二日酔いに効く食べ物や飲み物がたくさんあります。

固形物が摂取できない場合でも、スポーツドリンクや緑茶のような飲み物がオススメです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP